大学受験ゼニス
当校地図 お問い合わせMailは コチラ から
ご挨拶 受講要項 指導の特徴 無料体験のご案内 Q&A 合格実績 学費
ZENITH
特徴



外国語として意識しながら学び始めた英語も、
1年、2年と時が経つにつれて、いつの間にか受験科目として片付けられるようになり、
中学・高校で先生から一方通行式に、単語や熟語の意味を教えられ、
訳す順番を教えられ、しまいには訳文自体も教えられ、
気が付くとわからなくなっていた・・・
そのような生徒が大学受験を思い立ち、
予備校に行ってまた同様に先生に教えてもらっているとしたら、
このような生徒が合格する為にはこのように費やしてきた時間とは別に
かなりの時間を英語の勉強に費やさなければならないでしょう。
逆に家庭環境により、英語に接する機会に恵まれてきた生徒は、
学校や予備校の「学年」という枠に仕切られ画一化された授業に、
物足りなさを感じるケースも少なくないでしょう。
これこそが日本の英語教育における皮肉な矛盾なのです。

大学受験で英語を制する上で、
「長文読解(Reading)」 「英作文(Writing)」 の克服こそが
合否の鍵となることは言うまでもありませんが、
やみくもに読んだり書いたりしても意味がありません。
ましてそれが聞かされるだけだとしたら・・・

そもそも 英語は受験科目である以前に、外国語(言葉) ですから
「単語・熟語(Vocabulary)」 「文法(Grammar)」 の豊富な知識と深い理解がなければ、
独力で英文を読んだり書いたりすることは難しいでしょう。
そこで当塾ではまず確実な語学運用力を身に付けてもらうことに専念します。
単語・熟語を英文法の知識に基づいて、理解しながら文章で覚える。
そしてそれらを反復練習することによって英語の発想を養っていく、
これが完成しなければ知的教養英語はものになりません。

従ってゼニスでは英語学習をする“手順”として
「単語・熟語」 「文法」 「長文読解」 「英作文」 という
プロセスが効果的であると考えます。
有り体に言えば、語彙力が充分に備わっていない状態で、
難解な読解や英作文に取り組むことを強要するという
旧態依然の英語指導とは一線を画すということです。
一方で、入塾時に高い英語力を有していると判断された生徒は、
学年に関係なく難易度の高い「長文読解」「英作文」のクラスへ
早期に進級することが可能です。

以下にゼニスの英語指導の主な特徴を挙げてみます。


  1:基礎学力養成のためのスタートコース


     スタートコースは、文字通り大学受験英語の学習のスタート地点である
   基礎英語の習熟を目的とします。
   たとえ志望大学が、どれほど高いレベルにあろうとも
   基礎英語力なくしては難易度の高い学習が成り立ちません。
   むしろ基礎問題での誤答は、大学受験において致命的とも言えます。
   そこでゼニスでは、スタートコースという独自のシステムにより、
   基礎学力判定テストで、入塾直後の個々の生徒の学力をチェックし、
   英語が極めて苦手な生徒には丁寧な解説による指導を、
   基礎英語に大きな欠落のない生徒には、
   学習に対する自立心を育成するために自学自習形式の指導をするなど、
   生徒の学力に合わせて最適な学習方法で基礎学力を養成することができます。


  2:主要分野別、完全能力別クラス編成 『レギュラークラス』


『レギュラークラス』 は一クラスの人数を5〜20名で編成し、
「単語・熟語(V)」 「文法(G)」 「読解(R)」 「英作文(W)」
英語の主要四分野にクラス分けし、 個々の生徒が最適な時期に、
必要な分野を効果的に強化できる
様になっています。
この四分野のレベルを各々基礎〜最難関に区切り、
様々な学力の生徒に対応できる様にしています。
「学年」という枠を撤廃した、完全実力主義の能力別クラス編成です。

「単語・熟語(V)」 のクラスは、単語の意味やスペルのトレーニングのみならず、
発音記号、アクセントを含め、一つの単語や熟語を
様々な角度からの出題に対し活用し、正答できる様に指導します。

「文法(G)」 のクラスは、単純に文法のパターンを暗記するだけではなく、
それらのパターンが実際にどのように活用されていくか を実戦的に指導します。

「長文読解(R)」 「英作文(W)」 のクラスは
充分な語彙力や文法力が養成された後に移行するクラスで、
トップレベルでは最難関大学への入試対策として原書講読、
自由英作文の指導をし、各々のレベルで総合的な英語力を持つ生徒の育成を目指します。


  3:総合的な英語力を確実に養成するための「効果的な学習の手順」を指導する


難解な 「長文読解」 「英作文」 を克服するためには、
個々の生徒の学力によって各々 「効果的な学習の手順」 があるはずです。
ゼニスの英語科のクラスが四分野( 「V」 「G」 「R」 「W」 )に分かれているのは、
週に四回通塾するということではなく、
英語学習の主要素であるこの四分野を 「どの時期に」「どの分野を」「どのレベルで」
受講すれば最大の効果を発揮するかという 「学習の手順」 を指導するためなのです。

前述しました様に、入塾テストを実施しないゼニスでは、
入塾時に 『スタートコース』 という独自の学力チェック機能を持つクラスを設置し、
その修了結果から個々の生徒に最適な 『レギュラークラス』 を決定します。
そして、そのクラスでの習熟度や年に数回実施される実力判定テストの結果を講師が診断し、
次に進むべき「分野」「レベル」を指示して行きます。
一般的な予備校は、とかく講座数が多く、
生徒はどの講座が自分に合ったものであるのか、なかなか判断できないものです。
その選択を誤ると全く無益なものになりかねません。
ゼニスでは個々の生徒の学力や進捗に応じた 「最適なクラスの選択」
入試直前まで常に指導しています。


  4:「テストゼミ」形式の実戦的な授業



授業形態は主に 「テストゼミ」 です。(一部のクラスを除きます)
授業の前半はテスト、後半はそのテストに対する解答解説の講義です。
解答解説は、単なる「答え合わせ」ではありません。
一つの問題から拡張した知識の注入も織り込まれています。
誤答の原因を理解し訂正するのは当然のことながら、
同時に、正解した問題に関してもその考え方や、
解答に行きつくまでの経緯 が正しいか否かを確認することが重要です。

「テストゼミ」の狙いは、一方的な講義を聴いて
「理解できた様な錯覚」に陥る危険性を考え、
常に吸収した知識を問題に対して
正答として発露させることができるか否かを確認し、
講義を聴き流すことなく自分のテストの解答と照合させる作業により、
講義そのものに対する集中力を高める効用 を期待するものです。
解答の正誤を再確認することにより、その知識の定着度は増し、
毎回の授業で様々な角度からの出題で反復トレーニングすることにより、
いかなる傾向の問題にも順応し正答できる能力 を養成して行く授業形態です。



数学の学習法において、問題演習が中心になることは言うまでもありません。
しかし、ただやみくもに問題を解くだけでは効果的な学習法とは言えません。
重要なのは、講義によって得た知識を存分に活用し、
問題演習を反復することによって基本的な解法を習得し、
類似問題への応用力を養うことです。そこでゼニスでは、
講義とテストが効率良く機能するようにしており、
また個別調整コースを効果的に取り入れることにより、
数学の力を確実に身に付け、実戦で活かせるような指導法をとっています。


《主な特徴》
  1.入試制度の都合上、不自然に分断され、散見している学校教育としての数学の各単元を再整理し、
    受験数学として効率よく学習できるようにカリキュラムを組んでいます。(数学VCは別講座)
  2.受講クラス決定のための十分な準備、調整を個別に行うコースが設置されているので、
    レギュラークラス受講開始直後から授業に対する理解度が高い。
  3.講義中心のクラスとテストゼミ形式のクラスを設けることにより、
    数学に対する深い理解と強い実戦力の双方を得られるシステムになっています。
    丁寧な解説が必要な生徒から、演習量を求められる生徒まで幅広く対応できます。
  4.クラス授業と個別調整コースの併設により、様々な学力の生徒の受け入れが可能。


  【スタート・個別調整クラス】


ゼニスの数学において、大きな特徴のひとつと言えるのが、
このスタート・個別調整クラスです。
このクラスは常時開講されている講座で、対象となるのは以下の生徒になります。
このクラスは、毎週行うテストの結果・クラス内での状況を担当講師が総合的に判断し、
今後の学習プランを決定して行きます。

(1)初回授業に出席する生徒
  :ゼニスの数学を受講開始する生徒が初回に出席し、学力判定テストを受験します。
   その結果を受けて、個々人の習熟度に応じた講座の受講を勧めて行きます。
   これによりカリキュラムの区切りの良い時期から、
   最適な講座の受講を開始できるように、指導期間や内容を個別に調整することが可能です。
   よって期(ターム)の途中から数学の受講を開始する生徒でも、
   既存のクラスにスムーズに合流することができます。

(2)クラスの授業についていけない生徒
  :スタート・個別調整クラスを経てレギュラークラスに入った後、
   分野による得手不得手や生徒個々人の理解度の差によって、
   一時的にレギュラークラスを離れる必要がある生徒も出てきます。
   その際に、再度、個別に対応することによって理解を深めてもらうと同時に、
   レギュラークラスへの早期の復帰を目指します。

(3)クラスよりも更に発展的な内容を求める生徒
  :(2)とは逆に、授業の内容に物足りなさを感じる生徒もレギュラークラスを離れ、
   より高度な内容の問題を個々に配布・解説していきます。


  【レギュラークラス】


≪数学TAUB標準レベル≫

◎ 講義クラス
  テキストの解説中心の講義形態の授業で、
  読解力、判断力、論述力を身に付けてもらいます。
  中堅大学を狙える力を養うためのクラスです。

◎ テストゼミクラス
  授業の前半に標準レベルの重要問題をテスト形式で扱い、
  後半に、そのテストの解答解説を行います。
  前半のテストは、一時的な知識の確認だけではなく、
  確実な定着を目的とするために、自宅での充分な復習が要求されます。
  また後半の解説は単なる答え合わせや公式の確認、細かい計算のチェックのためのものではなく、
  講義クラス同様に読解力、判断力、論述力をさらに磨くためのものです。
  

≪数学TAUB応用レベル≫

◎ 講義クラス
  私立・国公立大学ともに最難関校を十分に狙える力を養うための内容を、
  講義中心に授業を展開するクラスです。

◎ テストゼミクラス
  応用レベルの講義に対するテストゼミのクラスです。
  授業形態は標準レベルのテストゼミクラスに準じます。
  


  【入試実戦クラス】


この講座は、数学TAUBの標準レベル、応用レベルで培った力を基にして、
過去の入試問題を中心とした、出題範囲を指定しない問題演習を通して数学の力をさらに磨き、
志望大学のレベル、文系・理系に応じて入試本番に備えてもらうクラスです。

◎ 文系クラス(数学TAUB)…応用クラス・発展クラス

◎ 理系クラス(数学VCを含む)…応用クラス・発展クラス



■まずは無料体験・説明会をに参加してみる。
■その他の質問やお問い合わせはコチラから

ZENITH
Copyright(C) 2003 ZENITH ltd.co. All rights reserved.